まるで秘密基地!?棟匠の地下をのぞいてみようまるで秘密基地!?棟匠の地下をのぞいてみよう

暮らしにゆとりが生まれる、地下のある家。

無駄な空間なんて、
どこにもありません

住まい全体の温度と湿度が安定しているから、
小屋裏や床下も「プラス@の空間」として活用が可能。

ロフトや、半地下に大容量の収納空間が生まれます。

地下の活用例

あると便利なプラスαの地下空間。
先輩オーナーの活用例を覗いてみよう。

玄関の近く キッチンの隣 スキップフロアの下

玄関の近く

玄関の近くに設けてアウトドアグッズやガーデニング用品、
冬のスペアタイヤや趣味のゴルフバックの収納に便利。

キッチンの隣

キッチンの近くに設けて食品庫として活用しよう。
水やお米、非常食の保管に便利なスペースです。

スキップフロアの下

スキップフロアの下に設けることで採光もバッチリ。
リビングとつなげて出し入れに便利な収納やホビースペースとして楽しめます。

地下空間のギモン

湿気がこもりやすいって聞くけど、
結露やカビが心配・・・

これで解決!

棟匠の家は、基礎まですっぽりと断熱材で覆う独自の工法と、24時間家じゅうを居室と
ほぼ同じ温度・湿度に保つ全館空調システムにより地下空間も快適に活用することができます。

詳しくは
「住まいの性能」ページへ

地下空間はほしいけど
自然光が入らない空間は嫌・・・

これで解決!

中2階の下に設けることで地下室の上部が地面より上に出て自然光を
取り入れることが可能です。まずはモデルハウスで実際に体感してみることをお勧めします。

地下空間を体感できる
モデルハウスはこちら

ワンポイントアドバイス

「地下」ではなく「半地下」にすることで、
延べ床面積に含まれないプラスαの空間が実現します。

高さの制限がありますが、日常品や大切な思い出の保管などの
収納スペースとして十分広くご使用いただけます。

ぜひお近くのモデルハウスでお気軽にご相談ください。