棟匠の歴史・沿革History

1948年 昭和23年
石川林産加工有限会社を初代社長・石川幸次郎が創業。
1965年 昭和40年
有限会社石川建設を石川毅が創設。
1973年 昭和48年
有限会社石川建設を改め、株式会社棟匠に変更。有限会社石川建築設計事務所を統合し総合建設業を経営。
1981年 昭和56年
注文木造建築へ専業特化。
1989年 平成元年
水戸市河和田に単独住宅展示場を開設。
1990年 平成2年
合理化認定住宅取得。
1991年 平成3年
工学博士・矢野宣行氏とともに外張り断熱健康住宅の開発に着手。
1995年 平成7年
初の外張り断熱健康住宅商品を発表。
1996年 平成8年
水戸住宅展示場に外張り断熱健康住宅モデルハウスを開設。
1999年 平成11年
2代目社長に石川忠幸が就任。外張り断熱健康住宅しか造らない一品生産主義を確立。
2000年 平成12年
NPOやみぞの森に加盟。森林環境問題に取り組む。
2006年 平成18年
牛久市ひたち野につくば住宅展示場を開設。
2007年 平成19年
地球環境に負荷をかけない環境循環型リサイクルシステムを構築。「LOHASな家づくり」を商標登録。
2009年 平成21年
国土交通省「長期優良住宅先導的モデル事業」の「住宅の新築(戸建)」部門に採択。
無垢材でつくるオリジナル耐震部材(床下地材)を開発。
2010年 平成22年
国土交通省「長期優良住宅先導事業」の「住宅の新築(戸建)」部門に2年連続で採択。
2014年 平成26年
カーボンフリー企業として認定。
八溝材と高性能な木造住宅の施工技術を輸出する「台湾プロジェクト」に着手。ひたちなか支店開設。
2015年 平成27年
県南営業拠点をつくば市学園の森に移転。棟匠住宅展示場インフォレストつくばをオープン。
2017年 平成29年
「無垢の木でつくる健康住宅」と「八溝材の台湾輸出プロジェクト」がウッドデザイン賞2017をダブル受賞。
2018年 平成30年
経済産業省「地域未来牽引企業」に選定。宇都宮支店開設。宇都宮インターパーク展示場オープン。
2019年 令和1年
棟匠グループの株式会社林産で製材している「桁材」が農林水産大臣賞を受賞。
2019年 令和1年
本社を水戸市河和田に移転。本社ショールームとして水戸展示場内にオープン。