無垢材 空気環境 温熱環境 自由設計 省エネ性能 耐震無垢構造

省エネ性能へのこだわり 一年中快適な
「高気密・高断熱」の住まい

住まいの性能を高める確かな技術。
光や風、自然の力も活用して快適な住環境を。

気密断熱を高める、「外張り断熱工法」

高断熱の住まいを実現するため、棟匠では「外張り断熱工法」を採用しています。ボード状の断熱材で建物をすっぽりと隙間なく覆うことで断熱欠損を防ぎ、外気から住まいをしっかりガード。壁の内部の結露防止効果が高いため、構造材が湿気にさらされず、建物の耐久性も格段に向上します。冷暖房のエネルギー効率を上げる省エネ効果と構造躯体の高い耐久性によって、長期的なランニングコストを抑えることができます。

高気密高断熱で、高い省エネ性を実現

住宅の省エネ性や快適性を保つには、気密・断熱・計画換気の相乗効果が大切です。
気密・断熱・換気はもちろん、遮熱や防湿など、高気密高断熱住宅を支える仕組みの一つひとつにこだわり、それぞれの工法や建材が最大限にその性能を発揮できるよう考え抜かれた棟匠の家は、最新の省エネ基準である「改正省エネ基準(平成25年基準)」を大幅にクリアする高い性能を実現しています。

エネルギーロスを最小限に抑える、高い気密性能

住まいの省エネ化を実現するには、高い断熱性能はもちろん、高い気密性能が欠かせません。気密性が低い、つまり隙間が大きいと外気が出入りするため快適な温度を保つことや適切な計画換気ができません。この気密性を示す数値が「隙間相当面積(C値)」で、数値が小さいほど気密性が高いことを示します。棟匠の家のC値は、実測平均0.56㎠/㎡。これは次世代省エネルギー基準を大幅にクリアする超高気密性能の証です。
※C値とは:建物の延床面積に対する隙間面積の割合。数値が小さいほど、気密性が高いことを示します。

家計にもやさしい、低燃費の住まい

より少ない燃料で、より長く走行できるのがエコカーの魅力。クルマと同じように、住まいも燃費で選ぶ時代です。高い気密・断熱性能を備えた住まいは、より少ないエネルギーで快適な温熱環境をつくり、保つことのできる「低燃費」な住まい。余計なエネルギーを使わなくても快適に過ごせるから、頑張って節電することなく、自然に光熱費を抑えることができます。優れた性能を誇る棟匠の住まいは、家計にもやさしい住まいです。

Menu