無垢材 空気環境 温熱環境 自由設計 省エネ性能 耐震無垢構造

温熱環境へのこだわり まるごと快適がずっと続く
「全館空調」の住まい

夏も冬も、快適が続く。
素足で過ごすストレスフリーな毎日を。

快適&省エネ、1台5役の全館空調システム

棟匠が全棟に標準採用する独自の全館空調システムは、熱エネルギーのロスを抑える全熱交換型の第一種換気システムに冷暖房の補助機能をプラスし、1台で「換気」「空気清浄」「除湿」「暖房」「冷房」の5役を果たす優れものです。高性能フィルターを備えた換気システムによって取り入れた新鮮で清潔な空気は冷暖房補助ユニットを通り、排気の際に失われた約10%の熱エネルギーを補い、快適な温度に調整されて各部屋へと送られます。

からだにやさしい、「全面輻射冷暖房」

エアコンによる一般的な冷暖房では、直接風があたる部分だけが熱くなりすぎたり、寒くなりすぎたりして、からだや自律神経に負担をかけてしまいます。棟匠独自の全館空調システムは、緩やかに流れる風を壁や床、家具などに伝えて家全体を暖めたり冷やしたりする、「輻射熱」を利用した冷暖房。からだ全体にじわじわと熱が伝わるため、顔ばかり火照って足先は冷たい、冷房の風があたりすぎて寒いなどといったことが起こりません。棟匠では、全面輻射による冷暖房と、小屋裏から床下までの空調管理で、家全体を温度差の少ない快適な環境に保ちます。

快適な風がめぐる「風の道設計」

室内の温度・湿度をいくら調節しても、空気の流れがなければ、部屋の一部の空気がよどみ、熱だまりが起こることがあります。
そこで棟匠では、家の中に風の通り道をつくる「風の道設計」を採用。各部屋の空気がすみずみまで効率良く流れるように給・排気口の位置を考慮し、収納内部や脱衣室、床下、小屋裏など、空気が滞留しやすい場所にも風が通るよう設計しています。

温度差をなくし、冬場のヒヤリを防ぐ

近年、住宅内の死亡事故の原因として注目されている「ヒートショック」は、冬場に暖かい部屋から暖房のない脱衣室やトイレなどへ移動した際の急激な温度変化によって起こる事故です。また、家の寒さは血圧の上昇や肺の抵抗力の低下、血液の濃化などを引き起こす危険性があるため、住宅内の温度差や家の寒さは家族の健康の大敵です。
棟匠の家は、高気密高断熱と全館空調システムによって家全体がほぼ一定の温度に保たれ、冬でも家じゅうあたたか。ヒートショックの心配がなく、寒さによる健康リスクもぐっと減ります。

Menu